如月の春を迎える行事とは|普段言えない感謝の気持ちを伝える母の日【素敵な贈り物を渡そう】
メンズ

普段言えない感謝の気持ちを伝える母の日【素敵な贈り物を渡そう】

如月の春を迎える行事とは

節分

豆まきと恵方巻きで春を

冬来たりなば春遠からじの言葉通り、雪深い地方でも無い限りは慌ただしく過ぎる年末から新春を経てすぐそこには春が待っています。如月の冷たい風の中にも、古くから日本人は春の息吹を感じてきました。旧暦の正月にあたる2月4日頃に立春を迎え、未だに節分には春を呼び込む行事が多方で行われています。節分には、「鬼は外、福は内」の掛け声とともに災いや自分の心や体の中の鬼を追い払い、福を迎える行事、豆まきを行うご家庭が多いです。豆まきにも色々作法といいますか約束事が有ります。例えば撒く豆は炒った大豆で、枡や三方に入れて撒く前に神棚に供えますが、神棚が無い場合は立った時に目線より上の場所に福豆を置いてからまくようにします。また、子供達がいるご家庭では豆に加えて袋入りのお菓子を混ぜて撒くと喜ばれます。

豆まきは何故行うのか

節分に行う豆まきは、昔から日本では、季節の変わり目には鬼がやってきて、災害や病気、飢饉などの恐ろしい出来事を引き起こすと考えられていて、その鬼を追い払うため、家の外に豆をまくという行事の名残です。何故豆を撒くのかというと、昔から穀物には霊が宿っていると考えられていて、その霊が悪霊を退治するので身近で手に入りやすい大豆を用い、更には豆を炒るの「炒る」が「射る」になる事より、鬼の目を射る、退治する「魔滅」に繋がるためだと言われています。また、節分の豆を炒るのには別の意味もあり、生の豆だとそこから芽が出るので折角退治した鬼や悪い事がとどまってしまうと考えられていたので炒るようになりました。豆は通常、家長が、地域によっては「年男」「年女」「厄年の人」が撒くのが正式とされていますが昨今は核家族化が進み家長である父親は鬼の役を担うこともありますが、そこは各ご家庭に合わせても問題は有りません。